オウンドメディア改善

オウンドメディアを運営している中で起こる問題や課題を洗い出し改善案を提案しながら運営をサポートいたします。ヒアリングを元にパートナー様の目指すメディアを再構築していき、事業との整合性を取りながら成果へ繋がるメディア展開を実現していきます。弊社ではご相談いただきました方はすべて、お仕事の「パートナー」として一緒に問題解決を目指し、よりよいコンテンツ作りを行っていきたいと考えております。

1事業計画とオウンドメディア運営の問題点の洗い出し

オウンドメディアの運営は、企業の主軸となる事業貢献することの手段の一つだと弊社は考えています。メディア運営の活性化には、事業とどれだけ関連性のある内容を提供できるかが鍵となります。しかし、ただ関連のある情報を掲載しているだけではなく、ユーザーが興味・関心の引く価値ある情報提供をしていかなければなりません。そのため、パートナー様の事業計画や実績数値を分析し、課題点を洗い出すことでメディアが進むべき目的を見据えてた改善が可能となります。

2コンセプトとターゲットの見直し

オウンドメディアを確実に作り上げていくためには、一貫したコンセプトが必要不可欠です。それは、メディアが発信している情報に一貫性を持たせることが可能になり、信頼を高めることができると考えます。コンセプトを明確にするには、ユーザーターゲットを定め、興味関心を持ってもらえるコンテンツを用意していく必要があります。ユーザーターゲットを定める際には、情報を届けたいコアとなる一人だけのペルソナを用いると効果的です。基本的な個人情報から取り巻く環境まで、細かく設定することで行動パターンや特徴を掴むことができ、制作者はもちろんユーザーにとっても理解しやすいコンセプト作りをすることができます。

3マネタイズ手法の確認や新形態での展開の提案

メディアビジネスにおける最重要項目であるマネタイズの見直しを行います。すでにマネタイズが明確化されているパートナー様へは、さらなる収益に繋がるようなメディア運営方法などをご提案させていただきます。様々な形のマネタイズ方法の中から、運営しているメディアに対して最適な方法と展開を考える事で、収益と運営体制が強化され生産性の高いメディア作りへつなげていきます。

4編集体制の再構築

編集関係者の役割を明確化させ、コンテンツ制作フローを整えることで、編集体制の安定化、及び定期的に良質なコンテンツを配信していく仕組みを作り出します。ヒアリングを元にメディアに合った編集体制を提案し、コンテンツ制作をしていく上でのストレスを軽減させ、効率的に業務を進めることでバランスの取れた編集組織を作り上げます。

5UI/UXデザインの向上

既存オウンドメディアのUIやUXの改善を行います。フォントやアイコン、画像、目に触れるもの全般を表すUIとユーザー体験を表すUXは、密接な関わりを持っているため、ユーザーがストレスなくサイトを閲覧できる環境を作り上げます。記事内のワーディングやアイコンなどの配置がユーザーの目にどのように映り、行動パターンが変化するのかをメディアデータを解析しながら、ユーザーファーストで回遊率や収益に繋げる導線を提案していきます。

6コンバージョン獲得に向けたコンテンツ改善

メディアの方針やマネタイズ方法を調整した後に、公開後の収益へ繋がるコンバージョンを意識した核となるコンテンツ作りは重点課題ポイントです。ターゲットユーザーにどのようなアクションを起こして欲しいのかを明確にしたうえで、コンテンツとして価値ある情報を提供する機能を再認識するだけでなく、その先の目標達成に向けた改善策を提案していきます。

7コンテンツ流通チャネルの強化

コンテンツを公開した後は、確実にターゲットユーザーへ情報を届けることが重要です。メディア属性に合った流通チャネルを作り上げることで、メディアの認知度を上げてファンを増やし、収益へとつなげていく動きを提案していきます。近年は、SNSを運営する企業も増えており、メディアのカラーを打ち出して継続的に情報発信することでより多くのユーザーを獲得することが可能になっています。

8エンゲージメントに繋がるマーケティング提案

メディアを運営していく上で最終的に目指すゴールに繋がるマーケティングを考えていくことも重要です。そのためにもメディアのブランディングは、市場での地位を確立していけるほか、ユーザーにとって印象に残り、価値ある情報を得られるメディアであるという信頼を獲得することができるでしょう。スマートフォンやSNSの普及により市場規模が拡大している現代こそ、メディア目的とユーザー目線を結びつけメディアのファン(リピーター)を増やしていく施策を実行していくことが大切です。

詳しくは、下記からお問い合わせください。

お問い合わせはこちら